煩わしい決算申告の記帳手続等を代行。提携税理士と共に申告までをワンストップで対応。

35年間地域に密着して業務を行ってきました。決算申告のプロにお任せください。

申告期限ギリギリでも大丈夫!

決算申告は、決算月の2か月後に行います。(例:3月決算法人の場合5月末日)

  • 会社を設立したばかりで忙しく、何もしていない
  • 申告期限を過ぎてしまった。
  • 時間がないが最低限の節税はしたい。

 

当事務所では、顧問先の企業の決算を期限の1週間前には完了しております。

そのため、お客様の急なご要望に対応できる仕組みになっております。

何を準備しておけばよいか?

決算を行うためには、売上等の根拠となる請求書、領収書。預金通帳、各種経費の請求書、領収書。

会社を設立した際に届け出た書類、登記簿等も必要になります。

また、業種等によっては別に必要となる書類もございます。

ご連絡いただきましたら、一度ご面談をして、決算に必要な書類をリストアップしてお渡しいたします。

このリストを利用して資料集めを早急にお願いする形となります。

面談時には、上記書類の一部でもご持参いただけますと、その後の作業もスムーズに進んでいきますのでご協力下さい。

会計サポート新宿に依頼するメリット

決算は、自社でも行うことが可能です。しかし、書籍等を調べながら行っていくのには、想像を超える多くの時間がかかりますし、特例等を見逃すケースも多々あります。

実際のご依頼にあたって前年の申告書をお持ちいただくと、経費にすることが可能なものが漏れているなど、多くの修正点が見つかります。修正が可能なものもありますが、手遅れになっているものもございます。

もし、創業して1年目ということであればなおさら、早いうちにきちんとしておいて絶対に損はありません。

また私達は、決算報告を必ず行っております。

やりっぱなしでは終わりにしません。来年以降会社にとってどのような対策が必要か一緒に議論しましょう。

料金について

 

決算申告に必要なサポートを全て代行させていただくサービスです。

  1. 記帳代行(1年分)
  2. 決算書作成
  3. 申告書作成
  4. 法人税申告代行

決算書作成に必要な作業を全てを含んだ料金設定となっています。

ご利用いただいた大部分の方が会計ソフトの入力を一切行っていない状況からのご依頼となっておりますのでご安心だくさい。

資料をそのままご準備いただいた場合でも、上記のサービス内であれば基本的に追加料金は発生いたしません!

創業1期目の限定料金となっております。

作業量が多い場合、2期目以降の場合は、別途お見積りいたします。

現金出納帳を作成されていない場合、作業量によって追加料金をいただく場合がございます。

お問い合わせ

お問い合わせ

 


大きな地図で表示

〒169-0075

東京都新宿区高田馬場2-14-2
新陽ビル401
【交通機関】
・JR/西武新宿線 高田馬場駅
早稲田口 徒歩5分

・地下鉄東西線 高田馬場駅
7番出口 目の前

このページの先頭へ